SNOWKEL

DIARY

2016-09-12-Mon

ふらふらと

今日は友達のライブを観に行った。
面白かったし、良いライブだった。
なんか、高校生バンドとの合同イベント的な不思議なライブだった。
俺もその位の年齢の頃はこんな感じだったんだろうな、、、と思いながら若いバンドのライブを観ていた。
あの頃、僕は何を考えてたのかを少し思い出しながら、
今の僕を俯瞰で眺めていた。
⭐︎
勿体ない現状だとよく思う。
こんなに幸せで良いのかしら?
と首を傾げる。
音楽と出会えたお陰で、道を踏み外さずに此処まで歩いてきた。
音楽がなかったら?
と考えるとぞっとする。
⭐︎
今で満足してるの?
と尋ねられると、そういう意味でもない。
もう少し見たい景色があるなぁ、と思う。
⭐︎
一番贅沢な夢を叶えましょう。
控えめになる必要も、対価を払う必要もなく。
一番贅沢な夢の中で生きていたい。
⭐︎
そんな事を思った。
⭐︎
家に帰って映画のオデッセイを見た。
とても良い映画だった。

2016-09-08-Thu

夢について

新曲が出来るとまずする事は、歌詞の読み込みだ。
新曲の歌詞を読み込んで理解するように努める。
他人が書いた心象風景にとても興味がある。
そして、書き手の意思を超えて曲解して、
自分が愛すべき解釈まで落とし込む。
理解できたら、ベースを弾く。
どうも、香葉村多望です。
みなさんお元気ですか?

この間、とある女性と話していた。
なんだかんだ、寝て見る方の夢の話になった。
彼女は夢を見た事がないと言う。
なんだそれは!!!
そんな人が居る事に感動した。
知りたくなる。
どういうことだ?
生まれてから一度も夢を見た事無いのかと問いただしてみたところ、
彼女は無いと言う。
「惚れてまうやろー!!!」
とまでは行かないが、とても気になる。
どうやら僕と話すまで夢を見る人って少ないと思っていた様だ。

どんな夢か、色はあるのかと聞かれたので、応えた。
とても不思議そうに頷く姿を見て、素晴らしいなぁと感嘆した。

自分の価値観とか既成概念を超えてくる話は大好物。

昔々恋した人との会話を思い出した。
僕「〜ていう夢を見たんだ」
彼女「いいなぁ」
僕「何が?」
彼女「夢にストーリーがあって」
僕「ん?」
彼女「私の夢はぐちゃぐちゃでストーリーも何も無い」
僕「どんな夢なの?」
彼女「カンヌ映画祭に招待されそうな夢」
僕は彼女に恋をして、派手に散ったw

2016-09-07-Wed

宇宙すげー!!

自転車が欲しい。
早くて軽くて丈夫なヤツを探している。
この間、ライブの後で「痩せてください」と言われた。
僕もそう思うよ。
本当にそう思う。
だから痩せるのさ。
趣味は実益を兼ねていたいタイプの人間なので、
健康とダイエットと自転車を趣味にする事にしたよ。
どうも、痩せたいお年頃の香葉村です。

自転車ってお高いのね、、、。
知らなかった。


今日はプリプロ&ミックス日でした。
ミックスはメンバーにお任せしてます。
あの作業は苦手なので、しんちゃんと山田マンに任せる事にしています。

プリプロめっちゃ楽しかった。
自然と口角が上がるプリプロでした。
音楽に囲まれるのは幸せだ。
一つの音楽を囲んであーだこーだやるのはキャンプファイヤーみたいだ。
もっと高く炎が上がるように。
もっと明るく照らすように。
僕らは熱量を注ぎ込む。
形のない炎にそのままで良いよって思いながら形を抽出する。
それはとても楽しい。

僕たちは取り留めのない会話を合間合間に差し込む。
薪をくべるみたいに。
量子力学とか不確定性原理とか、エロ話とか大人の話とかw


心が幸せになれば、過去の全てを愛せる。
心が幸せになれば、今が楽しくなる。
君を幸せにすることができるとまでは言えないけど、
君が幸せになれるように背中を少し押すような音楽を体現し続けたいと思う。

かくいう僕も、演奏しながら、毎回シュノーケルの曲に救われている一人だ。
僕らの演奏に君の口角を上げる力が宿るように、繰り返します。


ではみなさん、おやすみなさい。
また明日。

2016-09-06-Tue

疑似体験するリアル。

なんとなく暗かったり、明るかったり、
綱渡りな人生だと言いながら、しっかり命綱をつけてたり。
やっぱり、ロックンローラーには程遠い性格なもんで、普通に生きてます。
どうも、香葉村です。
久しぶり、みんな元気?
今日は久々に書くよ。

しかし、転職は最悪だった。
新しい所は最高だが、やめるってのはやっぱり嫌なもんだ。
さよならとか、そういうのは苦手だ。
それができないからガキのまんまなんだろうと思う。
やめたらもう会えないなぁ、とか悲しいなぁ。
とか、
そんな思いもあるが、どうせ皆んな僕の事はもう忘れてるんだろうし、そういうもんだと思う。

あ、ご心配の有給は1日しか取れませんでしたw
29日分の有給消滅ww
まぁ、新しいところはそういう事ないようなので安心。

んで、誕生日があったよ。
親父と姉と飲んできた。
楽しかった。
やっぱ、深く知ってる人ってのは大切だと思った。
しかしまぁ、所謂家族って奴ではないから不思議な浮遊感がある感じが楽しかった。

皆んなのお祝いもとても嬉しかった。

んで、色々とあって飲みすぎて反省してw

その翌日から新しい職場で働いています。
最悪の3日酔いで出勤したから、使えないやつだと思われないように頑張ってる。

んでレコーディングして、最高の良い曲取れた。
でも、事件が起きたんだね。
その後に西村が持ってきた新曲のデモが前代未聞に良かった。

それからシュノーケルはテンション上がりっぱなしで新しい展開に向けて動いてるよ。

これからシュノーケルを広めるために何が必要か。
本当に考えないと、と思えるくらい最高の曲が出来ています。

シュノーケルって知ってる?
って言ったって、世の中の人の大半はまだ知らない。
それはまさにチャンス。
知らない君にたたき込もう。
ワンステップ踏み出す。
何をやればいいのかね?

何にしろ、楽しくて、嬉しくて、面白い。
同じ量のプレッシャーもあって、キリキリマイマイな気分。

では、また明日。

2016-07-28-Thu

ぐにゃぐにゃドカーン

境界性人格障害の友達はいい奴だ。
マリファナ吸ってるあいつも、薬に溺れた過去を持つ彼も
政治思想に溺れた極左の彼も、極右の彼も、楽しくて愉快な奴だ。
心の障害を持ってる彼も、身体の障害に立ち向かう彼も、みんな素敵な俺の仲間だ。
嫁がいるのに彼女自慢する彼も、不倫しか燃えないと嘆く彼女も、僕の大切な友達だ。
なので、適当に悪のレッテルを貼って安心するのは辞めて欲しく思う。
個別のケースだ。
伝えたいことがある度に書けば良かったのに、書かなかったせいで、世の中で色々起こってしまった。
気分が悪くなるくらい辛いことだけど、目を背けずに、面白がらずに、冷静に覗き込もうと思う。
自分の半径1メートル位で悲しいことの再発を防止出来たらと思う。
『介護離職』の意味も知らないあの方が有名なジャーナリストなら、日本のジャーナリズムは終わってるのか?
まぁ、それでも、氾濫する情報を取捨択一しながら、真実に近いものを信じたいと思う。
どうも、いろいろありすぎてパンク気味香葉村です。



この間のライブ、最高に楽しかった。
起き抜けに最悪のニュースを聞いて、気分は真っ黒で、リハもボロボロで、もうダメかと思ったんだ。
とりあえず、一人でスタジオに行ってみて、練習して、自分の心の黒いところに蓋をして本番までを過ごした。
本番始まっても、全く高揚しなくてどうしようって思ったけど、ギターの音が聞こえてきたら体が反応した。
溜め込んだ真っ黒なエネルギーが、体の中で、音の中で変容して光になってギラギラになって飛び出した感じ。
暴れてマイクスタンド倒すし、メガネはぶっ壊れるし、暴れん坊将軍なライブだった。
直前まで冷え切ってた体が燃え上がったから、後日の体の痛みはハンパないがねw



なんだかんだ、何が起こっても揺らがないくらい、シュノーケルは強くなった。
RESTARTしてから、すごく強くなった。
今は誰にも負ける気がしない。
最近は対バン前に対バンのバンドの音楽を聴きこんで行くようにしてるから、
だいたい好きになって対バンする。
リスペクトすればするほど、全力でぶつかりたい。
ドッカーンってやってみたい。


まだ未完成な僕の今の音楽のあり方の全てでもって、勝負したい。
勝ち負けは僕の中だけにある。
見てくれた人の中にもあるのかな?
まぁ、いいや。
みんなが心から楽しめるライブを模索しよう。
君の好き嫌いを超越して突き抜けるような感じ。
「初めて会った時は全然タイプじゃなかった」って言う老夫婦みたいなあの感じを目指そう。


そんなこんなで、明日は誕生日だ。
久々に家族で過ごす。
父親と誕生日を過ごした記憶がないので、俺の中では初めてに近い。
中州に連れて行ってくれることを期待する。
もう一度言う。
中州に連れてってくれることを期待する。

< 2 3 4 5 6 >

PAGE TOP