SNOWKEL

DIARY

2017-04-15-Sat

34歳 中堅 売れないバンドマン の 日常

今日は今日で日常があった。
寝不足で足元がフワフワとしていた。
空がすぐそこにあるみたいな感覚で、葉桜が綺麗だった。
自転車で30kmくらいで走る。
サイクリングロードは、高価そうな自転車に乗る初老の男性がたくさん居る。
働き尽くした人生の終盤に、趣味に汗を流す姿を見るのは、なんだか羨ましく思う。
彼は刑事だ とか 彼はフランス料理のコックだ とか、勝手に道行く人にバックホーンを付けて遊ぶ。
人の人生を妄想する。
悲しい人生や、幸せな人生を。

家では 
ベースを弾く と 休む を繰り返す。
ベース 本 ベース youtube ベース 動画制作の勉強 ベース 
企画立案 ベース 書類作成 エンドレスベース プランを立てよう

ご飯を外で済ませて、また帰ってベースを弾く。

朝のサイクリングロードのフワフワした幸せを振り返って、
今日もどこかで悲しいことと嬉しいことが半々位で起こってるんだろうなと思う。
様々な人の様々な日常。
ドラマみたいな出会いや別れが今日もどこかで。

34歳 中堅 売れないバンドマン の 日常
この間で会ったお姉さまと今日話してたら「息子がシュノーケル知ってたわよ、凄いバンドなのね」仰しゃる。
「恐縮です、ありがとうございます。最近アルバム出したんで、買ってください」と笑顔で応える。

入浴する。
今日は44度に設定。
お風呂では時代物の漫画を読むのが最近の流行り。
仕事人が活躍する漫画を読み耽る。
逆上せてくる前に風呂を出る。

今日の今までの僕の動き。
コレに、ずっと翌日のライブの事を考えていた。
明日のライブ。
明日はライブ。
ライブ、ライブ、ワンマンライブ。
考える。
考える。
ベースを弾く時は思考停止。
体と手と脳みそと魂に意識を譲る。
僕が居なくなる。
完全に僕が居なくなったら、僕だけになる。

たった今、友達から、アルバムの感想がラインで届く。
嬉しいなぁ。

そう、話を戻そう。
完全に僕が居なくなったら、僕だけになる。
音楽に身を委ねる。
僕を手放して、好きに流れていく。
ふわりと宙に舞って、僕は漂う意識になる。

明日は明日の日常があるんだろう。
誰かにとっては章の終わりで、誰かにとっては始まりで、
誰かにとっては楽しくて、誰かにとっては何もない日で。

明日はライブです。
ライブで会いましょう。

2017-03-15-Wed

そして僕は今日も作る

何かを生み出すのは困難だ。
僕は『出来』より『締め切り』
を優先する。
限界を知ることは大切だ。

無理したって、良いものなんて産まれないし、生み続けられない。
人それぞれでしょう?
そうだね。
人それぞれだ。
僕はそう生きたい。
そうやった先に逝きたい。

人生にはしがらみが多い。
自分の体力すら、しがらみだ。
精神と心をすり減らしながら、睡眠と休養で回復する。
昨日から続く、今に向けて鍛え上げた心と体が、今日を打破しますように。
そして、この音楽が、君を。
君と君も君までも、幸せに向かう一助になりますように。

祈るように作る作品。
僕が僕の人生で作ったメソッドを武器に、盾に。
切り開く為に、生きていく為に、突き進む。

不意に訪れる多幸感。
古びた心を交換。
好きな音楽を聴く。
答えを求めたり、応えを見つけたり。


さぁ、そんな1日の始まりだ。
僕の人生が変わる1日だ。
届け!!!!
届け!!!!
届け!!!!
楽しい妄想の始まりと、これからが俺の出番だ。

西村が最強の曲を作った。
シュノーケルと岡愛子、つるうちはなが最高の演奏をした。
さて、俺のアートが火を噴くぜ!!!!
これから次のアルバムが出るまでが僕の得意分野。

音楽の視覚化。
誰にも負けられない。

2017-03-11-Sat

フリーという文化

今日、ブラックジャックによろしくを読んだ。
フリーで公開されている作品。
多分、僕は連載当時3巻くらいまでは買ってたと思う。
その先が読みたかった事と、人の奨めもあり、改めて全部読んでみた。
多角的に物事が描写されている、この漫画に感動し。
何度も何度も涙しながら、背筋を凍らせながら読んだ。

差別と偏見を無くす事。
これは僕の夢です。
その為に何ができるのか?
何処まで歩けるのか?
僕には分かりませんが、夢を目標に置き換え、毎日歩いています。
しかし、今回、今作品を読むにつれ、また深く気付く事がありました。
僕に何ができるのか?
僕を、僕らにする為にどうしたら良いのか?
分かりませんが、歩いていきます。
歩くと何か思いつくかも知れませんし、誰かと出会えるかも知れません。
ただ、忘れずに歩こうと思いました。
僕は僕で、動くのです。
秘密の作戦を胸に。

いろいろ書いだけど、熱くなりすぎたので消去。

そして。
今日も僕はモノを作る。
思いを込める。
僕がモノ作りに集中できるのは、シュノーケルとスタッフが支えてくれるから。
同じ様に、シュノーケルとスタッフを支えたいと思うよ。

アートは別に無料だっていいんだと思うよ。
共感してくれればそれでいい。
PCが各家庭にある昨今、規制する方が難しいしね。
それでも、シュノーケルファミリーを幸せにしたいから、
作品をお金にしなくてはと、思う。
作ったモノが君へ届き、僕と君と君や我々が幸せになれますように。

人生は困難だ。
ほっとけば、流れに従えば、バットエンドばかりだ。
ハッピーエンドを書くより、バットエンドを書いた方が容易い。
困難を定義して、「現実ってこんなもんですよ」ってしたり顔で居ればそれで済む話。
ハッピーエンドを書こう。
そしてそれを演じよう。
「現実に叶わない夢ってあるの?」

2017-03-09-Thu

3on3 + 1

ネタバレになるからあげなかったけど、終わったのであげます。
せっかく作ったので皆んなの記憶に残ります様に。
見にこれなかった皆んなにも、知って欲しいし。
3on3+1のテーマです。
香葉村が勝手に言っているだけです
では、福岡版をどーぞ

YSKおめでとう10年
YSKおめでとう10年
YSKおめでとう10年
3on3+1福岡

始まるよこのライブセンセーション
起こるとこの場所で宣言しよう
経験が育んだスキルとセンス
気が付きゃあいつも10周年
コレまでの十年これから20年
中年になったって音楽に夢中です
それはまさに宇宙です宇宙に夢中です
何より欲しいのは君のチュウです

3on3+1福岡
3on3+1福岡
3on3+1福岡
3on3+1福岡

出会った時はキンキの光一に
似てると思ったよイケメン
背も高いしさ、顔も良いしさ
なんだかとてもいい匂いするしさ
付き合ってみると中身もイケメン
奏でるギター 効果覿面
最強のサポート いやむしろメンバー
俺らのライブ忘れんなリメンバー

3on3+1
抱えた不安、ぶち壊すこのライブ
3on3+1
眼鏡と裸眼、うみだすよライブ

3on3+1福岡
手を挙げて声出していこうか?
3on3+1福岡
最高の夜にしていこうか?

YSKおめでとう10年
YSKおめでとう10年
YSKおめでとう10年
YSKおめでとう10年

3on3+1福岡
3on3+1福岡
3on3+1福岡
3on3+1福岡



そうねー終わったのねー。
もっとやりたくなるツアーだった。
もっとやりたくなるツアーだった。
大切な事なので二回言いましたw

またお会いできる日を楽しみにしています。

そういえば、外国語の勉強をまた始めました。
世界を知りたい。

2017-03-07-Tue

ざわついて煌めく

なんだかんだ、僕は素人なのですが、負けず嫌いが功を奏して此処にいます。

そう、初めは何も知らなかった。
続いてる事の全部は独学だ。
独学と言っても、まるっきり一人ではなく、いろんな方のいろんなヒントで進んできたが。
大体は一人で考える。
ルールは一個。
「間違えてもいいから、今の自分を信じる」事。
沢山恥もかいたし、間違えたけど、それはそれ。

そもそも、僕の人生なんて、恥の掃き溜めだ。
大切なモノから失くしてきたし、
大事な事から『面倒だからあとでやる』のシールを貼ってきた。
なのに、退屈が怖いから。
ギターと映画とイラストに転がり込んだ。

コロコロ
コロコロ

夢見る事は不幸のない世界とか、宇宙とか、革命とかアナーキシズムとか。
あとは、時間の戻し方と、時間の止め方。
頭のおかしい子供時代。

めげずに、

コロコロ
コロコロ

転がった先に着いたんだ。
大切な事の大半は其処で学んだ。
でも、平気で跡にした。
ふわりと、僕は其処から居なくなる。

コロコロ転がってって、ロックンロールに出会って。
でもロックってか。手足を上下に伸ばして、リビングを転がる感じ。
絨毯の匂いが不快だが、思い出すと心地いい。
絨毯の下の畳の匂いと、端にあるやたらでかい画鋲。
襖の通るレールに数式を書き込んで行く。
多分意味はない。

福岡の街は僕をざわつかせる。
忘れたい過去と忘れない過去と、
アレとソレとがぐちゃぐちゃに混ざってて。
未来を描く余裕のないガキの僕が僕を駆り立てる。

さぁ、フジタユウスケについて書こう。
彼と出会った時のことは覚えていない。
カッコイイ子だなぁ、、、。
と思った事は覚えている。
ラップで書いた感じのアレだ。

人と打ち解けない僕は、シュノーケルにすぐ馴染む彼を見て
羨ましいな、、。
と思った。
こんな風に音楽ができたら楽しいだろうなって思った。
んで、こんな僕なので、どう接したら良いかもよく分からなかった。
休止前のシュノーケルの最後の方だったし。
僕に余裕が無かったんだね。

少しずつ、本当に少しずつ一緒に歩いて。
一歩進んで二歩下がって、三歩進んだ時はだいたい酔っ払ってて、覚えてなくて、、、。
長い時間をかけて、好きになっていった。
活動休止から復帰前のシークレットライブのライブハウスで彼が声をかけてくれた事は、鮮明に思い出す。

こんなに真直ぐ向かい合うのは初めてかもしれないと思った。

「一緒にツアーやりたいんだよね」

とても、嬉しかった。
なんだか、ほっとした。
まだ音楽続けて良いんだって思った。
ありがとうって言いたかったけど、恥ずかしくて言えなかった。

コロコロ
コロコロ

転がる事しか出来ませんが。
僕には僕を信じさせてくれる仲間がいます。
リモコンを部屋で無くして、アマゾンで注文してしまう位ダメな僕ですが、
諦めずに話しかけてくれる人達が居ます。

僕は何も変わりませんが、僕の周りはどんどん変わります。
支えられて、僕も違うことが沢山出来るようになりました。
人に優しくなれました。


では、皆さん。
とても、とても、美しいツアーが出来ました。
ありがとうございました。
とても、とても楽しかったです。
また会いましょう。

< 2 3 4 5 6 >

PAGE TOP